地名や住所から緯度・経度を取得する

 Google Maps API V3で、google.maps.Geocoderクラスのgeocode()を使って、地名や住所から緯度・経度を求めるサンプルプログラムです。
住所 or ランドマーク:

function getLatLng(place) {

  // ジオコーダのコンストラクタ
  var geocoder = new google.maps.Geocoder();

  // geocodeリクエストを実行。
  // 第1引数はGeocoderRequest。住所⇒緯度経度座標の変換時はaddressプロパティを入れればOK。
  // 第2引数はコールバック関数。
  geocoder.geocode({
    address: place
  }, function(results, status) {
    if (status == google.maps.GeocoderStatus.OK) {

      // 結果の表示範囲。結果が1つとは限らないので、LatLngBoundsで用意。
      var bounds = new google.maps.LatLngBounds();

      for (var i in results) {
        if (results[i].geometry) {

          // 緯度経度を取得
          var latlng = results[i].geometry.location;

          // 住所を取得(日本の場合だけ「日本, 」を削除)
          var address = results[i].formatted_address.replace(/^日本, /, '');

          // 検索結果地が含まれるように範囲を拡大
          bounds.extend(latlng);

          // あとはご自由に・・・。
          new google.maps.InfoWindow({
            content: address + "<br>(Lat, Lng) = " + latlng.toString()
          }).open(map, new google.maps.Marker({
            position: latlng,
            map: map
          }));
        }
      }

      // 範囲を移動
      map.fitBounds(bounds);

    } else if (status == google.maps.GeocoderStatus.ERROR) {
      alert("サーバとの通信時に何らかのエラーが発生!");
    } else if (status == google.maps.GeocoderStatus.INVALID_REQUEST) {
      alert("リクエストに問題アリ!geocode()に渡すGeocoderRequestを確認せよ!!");
    } else if (status == google.maps.GeocoderStatus.OVER_QUERY_LIMIT) {
      alert("短時間にクエリを送りすぎ!落ち着いて!!");
    } else if (status == google.maps.GeocoderStatus.REQUEST_DENIED) {
      alert("このページではジオコーダの利用が許可されていない!・・・なぜ!?");
    } else if (status == google.maps.GeocoderStatus.UNKNOWN_ERROR) {
      alert("サーバ側でなんらかのトラブルが発生した模様。再挑戦されたし。");
    } else if (status == google.maps.GeocoderStatus.ZERO_RESULTS) {
      alert("見つかりません");
    } else {
      alert("えぇ~っと・・、バージョンアップ?");
    }
  });
}
 geocode()の第1引数 GeocoderRequest の address プロパティに住所や地名を与えると、第2引数のコールバック関数には、検索結果が引数として渡されます。見つかった場合には、結果がたとえ1つであっても配列として渡されるので、ループさせて取り出します。