なんちゃって☆めも >> なんちゃって☆GIS

なんちゃって☆GIS :: データの準備

データはこのような表を作るようなイメージで・・・

1列目は地名を指定します。都道府県名を指定するか、ISO_3166-2:JPのコードで指定します。ISO_3166-2のほうは、"JP-00"という形で"JP-"の後ろに都道府県コードがついた形なので、自動生成する場合はこちらのほうが使いやすいかもしれません。

2列目はデータそのものです。外部からAJAXで読み込んだ場合にはparseInt()とか、parseFloat()とか、Number()で型変換しておきませう。

3列目はオプションで、この列が準備されていると、地図上でマウスを動かした時に1列目の地名の代わりにここで指定した内容が表示されます。なお、英語 (というか、ASCII)だけです。

テーブルの定義

表は google.visualization.DataTable() で作成します。この例では3列目は作っていません。2列目の名前は凡例や、マウスオーバー時に表示されます。
var dataTable = new google.visualization.DataTable();
dataTable.addColumn("string", "都道府県");          // 1列目の名前
dataTable.addColumn("number", "平均気温 (℃)"); // 2列目の名前

データの挿入

データの挿入は、Google Code の ExampleではsetValue()を使って1つ1つ入れてますが、addRow()のほうがラクじゃないかな~と思います。各行の内容を配列にして追加していきます。
dataTable.addRow(["北海道", 9.5]);
dataTable.addRow(["青森", 10.7]);
dataTable.addRow(["岩手", 10.6]);
// 略
dataTable.addRow(["沖縄", 23.4]);
あるいは、2次元配列を用意しておいてaddRows()で一気に入れてしまいますか。
dataTable.addRow([
	["北海道", 9.5],
	["青森", 10.7],
	["岩手", 10.6]),
// 略
	["沖縄", 23.4]
]);